ご予約はこちら、予約専用Tel. 090-3218-8930

美丹田エクササイズ講座

美丹田エクササイズ講座・自宅でカンタン☆セルフ エクササイズ <Bitanden Exercise Seminar>

美丹田エクササイズとは?
「自分でできる」をコンセプトに
7つのメソッドで組み立てた、セルフケアのエクササイズです。

エネルギーの中心である 3つの丹田を整えることにより、
内面からの本質的な美しさを引き出します。

何といっても、いつでも、どこでも簡単にできる「セルフケア」というのが魅力的
各メソッドにかかる時間は、2~3分!!
7つ 全部を通しても、15~20分程度です!

しかも、習ったことを忘れても安心!!
次の日から 7日間、一つ一つのエクササイズの写真付き解説ステップメールが届くので、
いつでもおさらいできます!!

美丹田エクササイズをすると、こうなる♪
  • フェイスラインがすっきりする
  • 目がぱっちり
  • 首が長くなる
  • お胸がふわふわ♡
  • 二の腕が締まってくる
  • 肩まわりが軽くなる
  • 足も上がりやすくなる
  • 姿勢が良くなる、など

こんな風になったら、最高じゃないですか?!


カラダの使い方を知るって、すごいんだよ!!
一流のエステティシャンや
凄腕の施術家が短時間で同じ効果を出せることはあるでしょう。

その時はルンルンでも、時間が経つと戻ってしまう、、、
そんな経験をした方もいらっしゃるでしょう。

実際、クレニオセラピーを受けた方も
「体が軽くなり、呼吸が深くなった♡」と喜んでお帰りになります。

でも、アディオでは、施術と施術との期間が長いため
その間 何にもしなければ、やっぱり戻ってしまうんですよねぇ~


アディオ・クレニオセラピスト さかもと よしえ (Yoshie Sakamoto)
私はとってもとっても丸顔なのです。
気づくと頬はたるんできます。
二重あごはかなり前からのお悩みでした。

写真に撮る時は、下からは撮ることは厳禁!!
首もなんだか短いんですよね、、、


そんな私が 美構造®開脚システムに出会って
カラダの使い方を変えていくうちに
今までいかに自分で 自ら
「顔がたるみ」、「首が短く見える」ように
カラダを使っていたことに気づいたのです。

怖い!(笑)

美丹田エクササイズの誕生秘話♡
私は 『簡単で、効果がすぐに体感できるもの。』 が大好きなのです。

「セルフケアで、もっと簡単にできる良いやり方はないかな~」と考えていた時に
おまたぢから講師で開脚インストラクターでもある仲間たちとの楽しいお食事会がありました。

おまた仲間なだけに、集まった まさにその日が『子宮の日(4月9日)』!!
その中で生まれたのが、この「美丹田エクササイズ」なのです。

  • 毎日のお化粧前に
  • 飲み過ぎた次の日に
  • 楽しいデートの前に
  • 大切なプレゼンの前に
  • 会社の面接の前に
  • プロフィール写真を撮る前に
  • 何気ない日常の朝に

自分一人でできるし、道具もいらないので、
いつでも、どこでも
鏡の中の自分の顔が すっきりするのを見られます。

とっても楽ちんで、気分も上がります

7 ステップの意味とは?
男性の場合は、丹田を鍛えるということをするのですが、
女性の場合、丹田を鍛える必要がないと言われています。(ゆる体操・高岡英夫著)

なぜなら女性は、リアル下丹田である「子宮」が体の中心にあるため、自然に中心軸が取れるからです。
男性の場合、それがないので鍛える必要があるのです。

このことを踏まえて、この「美丹田エクササイズ」を組み立てています。

美丹田エクササイズは、7ステップのセルフケア プログラムです。
一つ一つのエクササイズをやっていくと、
「下丹田」「中丹田」「上丹田」それぞれが優しく活性化されていき、体の軸が整ってきます。

下丹田(子宮)が活性化されるので、子宮がじんわり温まり、月経リズムも整ってきますよ♪

丹田ってなぁ~に?
突然ですが、丹田と聞いてあなたはどんなイメージがありますか?

3つの丹田の位置(美丹田エクササイズ)
丹田とは、全身の精気(エネルギー)が集まる場所で
「丹」とは、気エネルギーが蓄積され赤く輝く状態を指し、
「田」とは、そのエネルギーを貯める器を指します。

丹田には、上丹田・中丹田・下丹田の3つがあると言われています。
 上丹田: 眉間の間
 中丹田: 胸の中央(頬骨柄の辺り)
 下丹田: お臍から 5cm下(女性の場合は子宮の辺り)

下丹田とは

下丹田は 3つの中でも特に重要視されていて、
気が集まってたまる場所で、精神的な芯や軸になる部分と言われています。
日本語でも、「肝がすわる」、「腹がすわる」、「腹を入れる」、などとも言いますよね。
それは、下丹田が充実して、しっかりしているということです。
「グラウディング(地に足がしっかり着いているということ)」とも言えますね!

中丹田とは

中丹田は、コミュニケーションを取ったりするときに必要とされ、そこが流れていないと、コミュニケーションがうまく取れなかったりします。多くの人に影響する情報発信をするような人には、中丹田の開いている人が多いといいます。
また、ハグをして胸と胸が合ったときに、元気のない人には(中丹田を通じて)元「気」を与えたりすることもできるようです。
これは、クレニオセイクラルと同じ考え方ですね!

上丹田とは

上丹田は、直観力や洞察力、先を見通す力などと関係しています。
眉間にグッとしわの寄っている人は、上丹田が崩れていることが考えられ、(視野が狭くなり)大きな視線でみられなくなったり(視野が狭くなり)大きな視線でみられなくなったりします。
他にも、人のことを理解できなかったり、ガミガミ怒ったりする人も、上丹田の崩れが考えられるようです。


◆美丹田エクササイズ <Basic講座> の講座内容◆
講座内容
【 7 ステップ セルフケア 】

  1. 丹田を感じるのではなく、「あること」を意識して下丹田を活性化するワーク
  2. 骨盤腔の内臓の血流改善と 自律神経を整えるワーク
  3. 5つの足首ケアで、足のつながりを作るワーク
  4. 上半身と下半身をつなげるワーク
  5. 肩甲骨の動きをなめらかにし、ウェスト及び中丹田を活性化するワーク
  6. 顔から首にかけてのリンパを流し、上丹田を活性化するワーク
  7. バストの血流とホルモンバランスを整え、中丹田を活性化するワーク

最後に、活性化されたエネルギーをすべて、下丹田にチャージいきます。
活性化したエネルギーを下丹田に入れることにより、ゆるやかな瞑想状態となり、生命力が満たされていきます。

受講料
25,000円(再受講:12,000円)
講 師
さかもと よしえ (Yoshie Sakamoto)
場 所
アディオ カイロプラクティック
東京都葛飾区東金町3-27-1(地図
最寄駅
JR常磐線各駅停車(千代田線) 金町駅より徒歩 7分
京成線・京成金町駅 より徒歩 8分
駅からの歩き方
金町駅からアディオまでは、こちらのページに写真付きの案内を載せてあります!
お問い合せTEL
090-3218-8930(アディオ カイロプラクティック)
服装について
動きやすい服装 (硬いGパン・スカート不可)
 ※Tシャツ・スウェットなどをお持ちいただいてもいいです♪
 ※シューズ不要
 ※ガードル等、体を締め付けるものはご遠慮ください
 ※アクセサリー、ベルト等は、講義中は外していただきます

<必要であれば> タオル、飲み物、髪を束ねるゴムなど


★美丹田エクササイズ講座のお申し込み★
美丹田エクササイズ講座のお申し込みは、下記フォームにご記入の上、ご連絡ください。
電話でのお問い合わせは、090-3218-8930 にて受け付けています。

ネット予約後、48時間以内に担当者より返信いたします。もし返信がない場合、お手数ですが電話にてご確認ください。

は、必須項目です。
受講内容

※ 以下欄にご希望日時を2~3候補ほど ご記載ください。

希望日時
希望日程を2~3候補ほど、ご記載ください。

第1希望 日時: <例:9/18 13:00>
第2希望 日時:
第3希望 日時:

※施術予約が入っている場合、ご希望に添えない場合もございます。
 その際にはご了承ください。
※講義時間は、1時間半~2時間です。

お名前
ふりがな
電話番号
E-Mail

※携帯メールアドレスをご入力の方で、迷惑メール防止のため受信拒否設定をされている場合は、ドメイン指定「@zugai-chosei.com」を受信できるように設定してください。

郵便番号
住 所

 例:東京都足立区千住河原町27-1

 例:アパート、マンション名等
メッセージ

申し込み時に自動返信メールでセミナーの詳細が届くようになっています。
届かない場合は迷惑フォルダをご確認の上、メールアドレスが間違っていないかご確認お願いいたします。
2~3日経っても返信がない場合は、090-3218-8930か、info@zugai-chosei.comまでお問い合わせください。

◆キャンセルポリシー◆

・事前振込にてお願いいたします。
・ご事情によりキャンセルなさる場合は、電話か、メールでのご連絡をお願いいたします。
・お申し込み後は、入金前でも事務手数料20%が発生いたします。ご予定をご確認のうえお申込みください。
・当日の無断キャンセルは、全額返金いたしかねます。
・他の日に振り替えることもできますので、お気軽にご相談ください。


確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか? (必須)
はい

  

ページ Topへ